白内障の手術のリスク

白内障の手術のリスク について考えてみましょう。医療技術や器械のめざましい進歩によって、白内障の手術は、かなり安全なものになりました。しかし、まったくリスクが存在しないという訳にはいきません。

そこで今回は、白内障の術中・術後に合併症が起こりえるリスクについて紹介します

 

手術中の失敗

後嚢の破損・硝子体の脱出・水晶体核の落下

白内障の手術では、白く濁った水晶体を眼内レンズと入れ替えるために、水晶体の裏側にある「後嚢(こうのう)」と呼ばれる膜だけを残して水晶体を取り除く作業をします。しかし、後嚢はとても薄くて弱いので、作業中に破れてしまうことがあります。
すると、破れ目から水晶体の後ろの位置にあるゼリー状の「硝子体」という組織が漏れ出てしまう「硝子体脱出」や、水晶体の核が目の奥に落ちていってしまう「水晶体核落下」が起きてしまうこともあります。
後嚢破損や硝子体脱出の状態だけなら、適切な処置を施せば、眼内レンズを埋め込むことができます。しかし水晶体核落下が起きてしまった場合は、一旦手術を中断して、改めて落下した水晶体核を取り除く手術をしなくてはなりません。

駆逐性出血

手術中に起こりえる合併症です。眼内の動脈が破裂してしまい、出血します。

症状によっては失明に至ってしまうこともあります。ただし駆逐性出血が起こる確率は1万件に1件程度と言われており、発症してしまうのは極めて稀です。

白内障の手術のリスク

手術後に起こるリスク

後発白内障

手術後に、眼内レンズを固定している後嚢が濁って、手術前のように視界がかすんできてしまう合併症です。

この症状が起きてしまった場合、外来のレーザー手術で後嚢を焼き切ってしまえば、かすみを解消することができます。

黄斑浮腫

術後に黄斑(網膜の中心部分)がむくみ、視力がいちじるしく低下してしまう合併症です。

しかし、近年では、術後に点眼薬を使うことによって、発症率を大幅に軽減させることができています。

水疱性角膜症

何らかの原因によって角膜の内皮細胞が障害を受けて、角膜の内に水が溜まってしまう合併症です。

白内障手術の技術向上により、術後にこの症状が起こることは減少しています。しかし、重症の場合は角膜移植手術が必要になってしまいます(実際に手術が必要な場合は、ごく稀です)。

眼内炎

が、数ヶ月後~数年後に突然発症する場合もあります。

眼内炎は、術後の健康管理を怠ってしまうことから発症する可能性が高くなってしまいます。

「目の周りを清潔に保つ」「点眼薬を使用する」など、医師から受ける術後の注意や指示は、必ず守ってください。

 

 

 

a0001_008193

 

術後の見え方の変化

度数
眼内レンズの度数は、目のサイズを正確に測定して算出されます。8割以上の方は測定どおりピッタリで、術後もメガネなしで遠くまたは近くが見えるようになります。しかし、わずかながら、度がずれてしまう場合があります。その場合は、薄い老眼鏡や遠視用のメガネが必要になる場合もあります。

 色の見え方
水晶体の濁りのせいで黄色っぽく、または白っぽく見えていた景色が、手術後急に10代や20代の頃の見え方になり、視界が全体的に青っぽく見えてびっくりされる方もいるようです。はじめは戸惑うかもしれませんが、実は10代の頃はこのように見えていたんだな、と気にしないようにしていれば大丈夫です。じきに、慣れてきます。

 飛蚊症
手術後視界が明るくなったのはいいのですが、それによって飛蚊症を感じる場合があります。これは目の中の「硝子体」と呼ばれる部分の混濁によって起こることで、いわば老化現象です。

手術前は気づかなかった飛蚊症を感じることもありますが、もともと目の中にあったものなので悪いものではないのです。

 眼底異常
白内障の手術後でも、目の奥のフィルムにあたる部分の網膜や神経などに問題がある場合は、思っていたよりも視力が出にくい場合があります。ただし、手術前よりは確実に明るくなって見やすく感じることでしょう。

 

a0001_016984

 

白内障の手術以外の治療ならクララスティル公式サイトはこちら

白内障の目薬の差し方

 主人が白内障にかかってしまいました。
白内障は手術しないと治らないという話もありましたが、知人に訊いたところ、ある目薬でも治るそうです。
 その名も「クララスティル」です。もちろん目薬なので、普通にさせばいいと思うのですが、そもそも目薬には正しいさし方というものがあるようです。
 なので今回はクララスティルの使用方法と、目薬自体のさし方について私が知っている情報をお伝えしようと思います。
 まず、使用方法についてです。
 クララスティルは期間によって1日の点眼回数が違ってくるようです。
 具体的には、最初の6ヶ月間は両眼に各2滴を1日朝夕の2回点眼し、7ヶ月目以降は両眼に各2滴を1日1回点眼をします。
 ここで注意したいのは、この2滴は一度に2滴入れるという意味ではないことです。公式サイトによると、2滴目を入れるのは1滴目より少なくとも5分経過後だそうです。
 何故かというと、眼球や結膜の吸収量を考えた場合の最適量が1滴だからです。また、効果を高めたい時は、量でなく回数を増やすようにしたほうがいいのです。その意味での2滴だと思われます。
 次に、目薬自体のさし方についてです。
 注意したいのは、目薬が汚染されないようにすることです。
 具体的には、指が目薬の容器の先に触れて汚染されることがないように、まず最初に手を石鹸などでよく洗ったり、外したキャップは清潔なところに置くことです。
 また、目薬の汚染を防ぐために、容器の先はまぶた・まつ毛または目につけないようにしましょう。
 何故なら、容器の先を目に近づけすぎると、容器に涙や細菌、花粉や目やになどが付着あるいは逆流してそれが汚染に繋がるからです。
 目薬の入れ方に関しては、両手でも片手でも、自分のやりやすい方法で行い、目薬を確実に目の中に入れましょう。
 また、目薬をさした後についてですが、目薬が流れ出ていってしまうと薬の効果が発揮できなくなってしまうので、しばらくまぶたを閉じたり、目頭を軽く押さえましょう。
 そして、目の周りにあふれ出た目薬は清潔なガーゼやティッシュなどでふき取りましょう。
 さて、目薬のさした後に、よく目をパチパチする人がいますが、それは間違いです。
 何故なら、そうしてしまうと、目薬が目の表面全体に行き渡るどころか、涙と一緒に目頭の方に集まって、涙点からのどへと流れ出てしまうからです。
 以上、クララスティルの使用方法と目薬自体のさし方の注意点でした。
 周りの友達にもお伝えして、正しくクララスティルを使用し、白内障を治せるようになってもらいたいものです。

クララスティルは特許承認されているの?

白内障に効果がある、クララスティル。

手術以外の白内障の特効薬として注目をされています。

日本ではまだまだ利用者は少ないのです。

特許承認は海外ではされています。

 

特にヨーロッパやアメリカでは早くから特許承認されています。

日本でも将来的には、特許承認されるのではないかと思います。

まだまだ利用者も少ないものですし、日本の眼科医はクララスティルよりも手術のほうを推奨しています。

それには、クララスティルというのは継続して使わなければいけないので、管理も大変ということなのです。

 

特許承認されれば、一般の薬局でも取扱が始まると思いますし、どこの眼科での取扱も出来ると思います。

保険も適用されるようになると思います。

クララスティルはまだまだ保険適用外ですから、中々手を出すことが出来ないのではないかと思います。

手術のほうが一般的っていうこともあると思いますし、劇的な治療法にはならないのではないかなと思います。

 

特許承認には様々な問題があります。

様々な条件をクリヤーしなければいけないっていうこともあります。

ですから特許承認には、時間もかかるということになると思います。

より多くの人の要望があれば、特許承認もされるのではないかと思います。

クララスティルはどうして白内障に効くの?

クララスティルはどうして白内障に効くのでしょうか。

そのメカニズムについて少し調べてみました。

 

その前に白内障になる原因を知る必要があると思います。

老人性白内障の場合は、加齢とともに水晶体の酸化が進むことによって、水晶体が白く(時には黄色く)濁ることによって起こります。

水晶体は人の目の中でレンズの役割を果たしているものです。

レンズが濁ると、光りの調整が出来なくなります。

よって、光りに過剰反応をしてしまい、ちょっとした光りも眩しく感じてしまうのです。

 

他にもものが二重、三重に見えてしまったり、かすんでみえてしまうのです。

 

その水晶体の酸化を抑えるのが、クララスティルなのです。

クララスティルにはNアセテルカルノシンが含まれており、このNアセテルカルノシンが点眼によって本来のカルノシンに変化するのです。

カルノシンは水晶体の酸化を抑えてくれるものなので、白内障に効果があるということなのです。

 

しかし、継続して使っていかなければいけないということがあります。

ずっと水晶体にカルノシンを与え続けなれば、効果がないものなのです。

点眼をストップしてしまうと、カルノシン不足になって結局再び水晶体が濁ってきてしまい、結果白内障が再発するのです。

クララスティルはどこで買えるの?

クララスティルはどこで購入をすることが出来るのでしょうか。

実際に取り扱っている眼科医もあると思います。

でも、まだ少ないと思いますし、相談に乗ってくれる眼科医はいるとは思うのですが、クララスティルよりも、手術のほうを薦められると思います。

それはクララスティルは継続して点眼を続けなければいけないため手術と違って、劇的に治るということがないからなのです。

 

それでも手術よりも点眼で白内障を治したいというのであれば、通信販売を使うといいのではないでしょうか。

国内での取扱業者がないので、フランスからの航空便での扱いになるのです。

ですから、注文をしてすぐに届くというわけではありません。

10日から2週間かかります。

 

一般の薬局で購入をすることができないということは頭に入れておいたほうがいいと思います。

眼科でも扱っているところが少ないので、問い合わせをしてみるといかもしれません。

海外からの取り寄せになりますので、通信販売での扱いがもっとも便利なのではないかと思います。

 

取り寄せに抵抗があるっていう人もいるかもしれません。

それでも一般的には扱いがないので、仕方がないのかもしれません。

そのうち、国内でも眼科で一般的に扱うことが出来る日が来るのかもしれません。

クララスティルはどのくらいで効果がでるの?

白内障の治療に効果があるクララスティル。

日本ではまだまだ浸透していないようですし、利用者もまだまだ少ないのが現実です。

日本に入ってきて、まだ日が浅い薬でもあるのです。

 

でも、利用者が増えてきてます。

実際にはどれくらいで効果が出るものなのでしょうか。

 

それはどんな薬でもそうなのですが、個人差があります。

ですから、確実にこれくらいで効果がありますと言い切ることは出来ません。

目安としては、6カ月でクララスティル1セット。

1セットは1箱1本入りを2回分。

2本で約3週間分なんです。

 

7カ月以降から2本で約6カ月分のペースになります。

 

1度点眼を始めると継続して使っていかなければいけません。

また保険適用外ですので、そのことも考えなければいけません。

手術を1回受ける方法とずっと点眼を続けなければいけないという方法、どちらがいいのかということを考えなければいけません。

 

リスクを考えて、クララスティルにするのか、それとも医療費のことを考え、また1度で済む手術のほうがいいのかっていうことを考えるべきだと思います。

高齢者の場合には、継続して点眼をすることが出来るのかということをしっかり考えなければいけません。

忘れずにちゃんと決まった時間に点眼をしなければいけないので、そういうことが可能なのかということも大事になってくるのではないかと思います。

もう完治したから点眼を止める、ということになっても、再発の可能性があることをちゃんと理解しておかなければいけないのです。

 

 

クララスティルって白内障に効くの?

白内障の治療に有効的なものとして、最近注目を集めているのが、クララスティルです。

アメリカやヨーロッパ、東南アジアでは白内障の治療に使われているのですが、日本ではまだ発売されたばかりです。

ですから、海外で白内障治療に実績があっても、日本ではまだクララスティルで白内障が完治した人というのは、いないのではないかと思います。

 

それでもクララスティルを処方している眼科が増えていきているので、日本国内でもクララスティルによって、白内障が完治したっていう方が、数年以内に現れるのではないかと思います。

 

クララスティルを使った白内障治療というのは、手術での白内障治療とは違い、すぐに治るというものではありません。

手術での治療の場合では、手術をした翌日には成果が表れるものです。

しかし、クララスティルを使った治療では段々回復をしていくということになりますので、クララスティルを使った翌日には劇的に白内障の症状が改善をするということではないのです。

 

劇的な回復を期待する人には、クララスティルよりも手術のほうがいいのではないかと思います。

実際、どれくらい点眼を続ければ、白内障が完治するのかということも線を引くことが難しいと思います。

クララスティルってどんな目薬?

白内障治療の中で画期的なものが販売されました。

それがクララスティルなのです。

点眼薬で白内障の治療が出来るというものなのです。

 

白内障の治療というと、手術が一般的ですし、今でも一番多い治療方法でもあります。

でも、アメリカやヨーロッパではクララスティルがポピュラーになってきているのです。

日本ではまだ発売されたばかりで、クララスティルだけで白内障が完治したっていう方はまだいらっしゃらないかもしれません。

白内障は完治ではなく、進行を抑えるとか緩めるということしか出来ないっていうことも言われています。

 

クララスティルは白内障が発症する原理に基づいて作られた点眼薬なのです。

白内障は体内にある天然の酸化防止剤「カルノシン」が不足して、目の水晶体が酸化によって傷つき、まるですりガラスのようになっている状態のことを指します。

水晶体が濁るということなのです。

 

クララスティルは点眼することでカルノシンに変わる薬を使っています。

化学変化を起こして、カルノシンを目の水晶体に与えるということなのです。

成分は安心して利用をすることが出来る、アミノ酸の一種。

ですから、体への負担もなくて、高齢者でも安心して利用をすることが出来る点眼薬なのです。

新しい治療法

白内障の治療方法は手術がポピュラーですし、根治させるためには手術しかないと言われています。

でも、医療は日々進歩をしています。

ですから、様々な新しい治療方法が開発され、また実際に医療現場でも行われているのです。

 

いくつか白内障の新しい治療法が提唱されています。

実際に一部の病院では、この新しい治療法が使用されているんだそうです。

 

・多焦点レンズを用いた水晶体再建術

  水晶体を摘出した場合に多焦点レンズを挿入する。

  以前は多焦点レンズは適用されず、使用が出来なかった。

  多焦点レンズを使用することで、より違和感のない視界になる。

 

・新たな点眼薬の登場

  アメリカやヨーロッパで認可されている新しい点眼薬の利用。

  日本ではまだまだ一般的ではないが、一部の眼科医は使用を推奨している。

 

2つのうち、特に多焦点レンズを用いた水晶体再建は、先進医療として認可されました。

先進医療が高額であり、もしも受けられるとしても費用がかかることを忘れてはいけないと思います。

 

他にも様々な治療法があると思います。

手術が全てだった白内障治療にも新しい風が吹いているということになるのではないかなと思います。

出来るだけ安全で体への負担が少ないほうがいいと思います。

白内障手術後の気になる点

どんな手術でも、気になる点というものがあると思います。

もしも、自分が白内障の手術を受けることになったら、どういうことが気になるのでしょうか。

 

私だったら、

 

・手術後はいつまで点眼薬をすればいいのか?

・点眼薬のタイミングは?

・ちゃんと手術前の症状が改善されるのか?

・お風呂はいつから入ることが出来るのか?

・洗髪はいつから出来るのか?

・食事などで気を付けなければいけないことはあるのか?

・普段の生活の上で気を付けなければいけないことはあるのか?

・再発はしないのか?

・医療保険の対象になるのか?

 

など、いくつも気になることが出てきます。

手術の前に疑問に感じていることがあったら、しっかり担当医に相談をして、納得のいく回答を得ておくことが大事になってくるのではないかなと思います。

 

また、手術後に異変を感じた場合には、すぐに担当医に相談をすることも大事だと思います。

点眼薬など、しっかり忘れずに使用をしなければいけないわけですが、その薬の成分というのも気になってくると思います。

自分の体のことでもありますし、納得した上で薬を使ったり、手術を受けるということがとても大事なことになってくるのではないかなと思います。

 

年齢に応じて、様々な配慮も必要になってくるのではないかなと思います。