白内障の手術のリスク

白内障の手術のリスク について考えてみましょう。医療技術や器械のめざましい進歩によって、白内障の手術は、かなり安全なものになりました。しかし、まったくリスクが存在しないという訳にはいきません。

そこで今回は、白内障の術中・術後に合併症が起こりえるリスクについて紹介します

 

手術中の失敗

後嚢の破損・硝子体の脱出・水晶体核の落下

白内障の手術では、白く濁った水晶体を眼内レンズと入れ替えるために、水晶体の裏側にある「後嚢(こうのう)」と呼ばれる膜だけを残して水晶体を取り除く作業をします。しかし、後嚢はとても薄くて弱いので、作業中に破れてしまうことがあります。
すると、破れ目から水晶体の後ろの位置にあるゼリー状の「硝子体」という組織が漏れ出てしまう「硝子体脱出」や、水晶体の核が目の奥に落ちていってしまう「水晶体核落下」が起きてしまうこともあります。
後嚢破損や硝子体脱出の状態だけなら、適切な処置を施せば、眼内レンズを埋め込むことができます。しかし水晶体核落下が起きてしまった場合は、一旦手術を中断して、改めて落下した水晶体核を取り除く手術をしなくてはなりません。

駆逐性出血

手術中に起こりえる合併症です。眼内の動脈が破裂してしまい、出血します。

症状によっては失明に至ってしまうこともあります。ただし駆逐性出血が起こる確率は1万件に1件程度と言われており、発症してしまうのは極めて稀です。

白内障の手術のリスク

手術後に起こるリスク

後発白内障

手術後に、眼内レンズを固定している後嚢が濁って、手術前のように視界がかすんできてしまう合併症です。

この症状が起きてしまった場合、外来のレーザー手術で後嚢を焼き切ってしまえば、かすみを解消することができます。

黄斑浮腫

術後に黄斑(網膜の中心部分)がむくみ、視力がいちじるしく低下してしまう合併症です。

しかし、近年では、術後に点眼薬を使うことによって、発症率を大幅に軽減させることができています。

水疱性角膜症

何らかの原因によって角膜の内皮細胞が障害を受けて、角膜の内に水が溜まってしまう合併症です。

白内障手術の技術向上により、術後にこの症状が起こることは減少しています。しかし、重症の場合は角膜移植手術が必要になってしまいます(実際に手術が必要な場合は、ごく稀です)。

眼内炎

が、数ヶ月後~数年後に突然発症する場合もあります。

眼内炎は、術後の健康管理を怠ってしまうことから発症する可能性が高くなってしまいます。

「目の周りを清潔に保つ」「点眼薬を使用する」など、医師から受ける術後の注意や指示は、必ず守ってください。

 

 

 

a0001_008193

 

術後の見え方の変化

度数
眼内レンズの度数は、目のサイズを正確に測定して算出されます。8割以上の方は測定どおりピッタリで、術後もメガネなしで遠くまたは近くが見えるようになります。しかし、わずかながら、度がずれてしまう場合があります。その場合は、薄い老眼鏡や遠視用のメガネが必要になる場合もあります。

 色の見え方
水晶体の濁りのせいで黄色っぽく、または白っぽく見えていた景色が、手術後急に10代や20代の頃の見え方になり、視界が全体的に青っぽく見えてびっくりされる方もいるようです。はじめは戸惑うかもしれませんが、実は10代の頃はこのように見えていたんだな、と気にしないようにしていれば大丈夫です。じきに、慣れてきます。

 飛蚊症
手術後視界が明るくなったのはいいのですが、それによって飛蚊症を感じる場合があります。これは目の中の「硝子体」と呼ばれる部分の混濁によって起こることで、いわば老化現象です。

手術前は気づかなかった飛蚊症を感じることもありますが、もともと目の中にあったものなので悪いものではないのです。

 眼底異常
白内障の手術後でも、目の奥のフィルムにあたる部分の網膜や神経などに問題がある場合は、思っていたよりも視力が出にくい場合があります。ただし、手術前よりは確実に明るくなって見やすく感じることでしょう。

 

a0001_016984

 

白内障の手術以外の治療ならクララスティル公式サイトはこちら

白内障の手術だけが選択肢ではありません

 

実際にあなたが医者から「手術をしましょう」と言われたときにパニックにならないためのアドバイスをします。

医者は「手術をしたほうがいい」と言います。

確かに多くの人は手術をすることで見やすくなります。これほどまでに患者さんを幸せにできる手術はないと思います。一方で手術を受けて「思ったほどよくならない」「むしろ調子がわるくなった」と言う人もいます。

だからこそあえて言います。「手術よりは予防や生活のほうが大切。手術なんてしないですめばそれがいい。」

本当だったら手術をせずに目薬で治るほうがいいわけです。仕方がないから手術をするのです。だからといって、目が見えないままにほうっておきましょう、ということではありません。あなたにできることをしっかりやりましょうということです。今の医学は手術に偏ってしまっていて、目薬や日常生活、あなたができることをあまりにも軽視しています。だから「あなたにできることはない。はわるくなったら手術するだけだよ」と言ってしまうのです。

でも手術には100%なんてありません。どんなにうまい人が手術をしたとしても、手術で逆に見にくくなってしまうことさえあります。だからこそ手術を受けるときは、そのいい点もわるい点も知ったうえで手術に踏み切るべきなのです。わるい点を隠して手術をするのはいいことではありません。

腕に自信がある医者は、手術をすればよくなるのだから手術をすればいいのだ。そう考えている人が多いと思います。自分の手で手術をして多くの人が救われて見やすくなり感動してくれる人もいるでしょう。感謝の手紙をくれる人もいます。お祈りされることもあります。友達を紹介してその友達が口コミで来ることもたくさんあります。

一方でどんなに手術がうまくいっても不調を感じてしまう人もいます。

また多くの病院で手術を受けて不調を感じ、最後の望みで病院に行く人もいます。一部ではありますが、医学の力を過信して患者さんに無理やり手術してしまう医者もいます。

知識がないと「医者が言うから手術をしたほうがいいのだろう」と考えてしまいがちです。そうすると「手術をしてもあまりよくならない」「むしろ不調を感じる」ということが起きます。ただそれは「倫理的には問題」だけれども「医学的にも法律的にも間違ったことではない」のです。手術でそれほどよくならないことも説明してあり、手術の説明も十分で、手術の手技にも問題がありません。実際に白内障があるわけですから白内障手術をすること自体、何の問題もありません。けれども患者さんが不自由を感じてしまってはよくありません。

あなたにはそうならないために、手術の実際とよい点もわるい点もわかってほしいのです。

もちろんほとんどの方は問題なくあなたにはそうならないために、手術の実際とよい点もわるい点もわかってほしいのです。もちろんほとんどの方は問題なく手術が終わり経過もよいのですが、知っておくことでより安全にすることができるのです。

現在、手術以外にも選択肢はございます。

その1つとして、白内障治療点眼薬クララスティルは酸化抑止効果の期待できるNカルノシンを含んだ目薬で、販売本数22万本を突破しており、多くの方に愛用されております。

→Nカルノシン点眼薬クララスティルはこちら