白内障手術の内容

白内障の手術の内容というのは、色々ありますが、大きく分けて3つあります。

人工のレンズを挿入するものが一般的で、もっとも多くの方が受ける手術でもあるのです。

傷も浅く、比較的時間も短いので、体への負担も少なくて済むのです。

一般的に日帰り手術が多いものが人工レンズを水晶体に挿入する方法なのです。

もっとも多く、もしもその手術が出来ないという場合には、他の方法になるということなのです。

第一に検討をされる手術の方法が濁った水晶体を削って、人工レンズを挿入する方法なのです。

 

その方法が出来ないともなると、今度は水晶体に更に大きな傷をつけることになります。

ですから、体への負担も大きいですし、炎症を起こす可能性もあります。

日帰り手術ということは難しくなり、入院をしての手術になります。

手術時間も大幅に増えます。

その分、手術が難しいということでもあるのです。

 

更にその上の難しい手術があります。

大変珍しく、年間での手術数も少ないのです。

また、執刀医師の高い技術も求められるのです。

 

白内障が進行すればするほど、難しい手術方法になるので、出来るだけ早くに治療を開始し、手術を受けるといいと思います。

それがとても大事なことになってくるのではないかなと思います。

リスクが少ない手術方法のほうが安心できると思います。

白内障の治療方法

白内障の治療方法は手術というのがもっとも多いですし、根本的な治療でもあるのです。

薬での治療方法もあります。

今は新しい薬も開発され、アメリカやヨーロッパ諸国では点眼薬がポピュラーになってきているのです。

 

薬にも様々な種類があり、また点眼薬だけではなく、内服薬も種類が多くなってきています。

漢方もあります。

個人によって、その作用にも差がありますので、出来るだけ色々な医師に相談をするといいのではないかと思います。

どういうものが自分に合う治療方法なのかっていうことを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

白内障の治療方法の中でも、昔から手術がもっとも多く、根治させる方法なのですが、その手術の方法にも様々なものがあるのです。

医学の進歩によって、白内障の治療方法にも様々なものがあるのです。

 

白内障の原因によっても治療方法は異なってくるのです。

糖尿病が原因の場合には手術の方法もまた変わってきます。

 

ステロイドホルモン剤が原因の場合には、薬を変えるということも治療方法の一環として考えることが出来るのではないかなと思います。

ですから、糖尿病の治療をすることも白内障の治療につながるということがあるのです。

原因によって治療方法も変わってくるのです。

白内障の原因

白内障の原因は様々なものがあります。

 

老人性白内障の場合には原因は高齢にあります。

高齢になると、体のあちこちに支障が出てきます。

ですから、原因らしい原因というのはあまり考えられないのかもしれません。

高齢になって目の水晶体も限界に近くなってきているということだと思います。

長年使い続けてきたものが、毎日使っていることで不具合を起こすということと同じことだと思います。

老人性白内障は年齢を重ねることが原因なのです。

 

先天性白内障の場合は、胎児の時に母胎内で何かしらの原因で目に傷がつくことで起こるものです。

これは遺伝子の問題も出てくるようですが、命に関わることではないので、出生後の治療である程度は症状を抑えることも出来ますし、手術をするという方法もあります。

 

糖尿病が原因の白内障もあります。

糖尿病体質の方は十分な注意が必要となってくると思います。

糖尿病にならないためにも、普段から生活に注意をしておくことも大事だと思います。

 

アトピー性皮膚炎から起こる白内障の場合には、使っている薬に原因があることが多いです。

ステロイド剤は白内障の原因にもなるので、使用する場合には注意が必要になってくるのです。

薬というものも原因になることがあります。

白内障の症状

白内障の症状とはどのようなものなのでしょうか。

色々な症状が出てくるのですが、初期症状だけでは白内障だということに気が付かないことがあるので、とても危険なものでもあるのです。

気が付いた時には白内障がかなり進行していたっていうことも少なくはないのです。

 

白内障は目の中の水晶体が濁る病気です。

白く濁るのが一般的なのですが、黄色く濁ることもあります。

ですから、自分でも少しチェックをしてみるといいのではないでしょうか。

鏡で目をチェックして濁っているようであれば、白内障の確率が高いのです。

 

目の中の水晶体が濁ることで、光りの調整が出来なくなってしまうのです。

そうなると、ちょっとした太陽の光りも極度に眩しく感じられてしまいます。

白内障が他の目の病気と大きく違うことは、光りの調整なのです。

 

視力の低下、物が二重、三重に見える。

そしてかすんで見えるということもあります。

生活に支障が出るので、それも異変に気が付くっていうことにつながるのではないかなと思います。

 

光りに過剰反応をしてしまうということですので、車の運転などにも支障が出てきてしまいます。

少し異変を感じただけでは、白内障だということに気が付かないということも、白内障の症状の1つと言えるのかもしれません。

白内障になりやすい体質

白内障になりやすい体質というのは、いくつかあります。

老人性白内障の場合には、体質は関係がないと思われています。

それは老人性白内障の場合には80代になると100%の方が発症するからなのです。

 

老人性白内障以外の白内障の場合には、糖尿病が原因になることもあります。

糖尿病が原因で失明をすることもあるのです。

糖尿病体質の方の場合には、十分に注意をすることが必要になってくると思います。

目に異変を感じたら、すぐに専門医に相談をするといいのではないかなと思います。

 

他にもアトピー性皮膚炎を罹患している方も白内障になりやすいのです。

それは薬にステロイドホルモン剤が含まれていることが多いからなのです。

白内障にかかりやすい薬でもあるので、注意が必要になってくると思います。

 

遺伝性のものもあります。

身内に白内障の方がいた場合には、自分もなりやすい体質であることを頭の中に入れておくといいのではないかと思います。

 

あとは生活習慣だと思います。

飲酒、喫煙、バランスの悪い食生活、睡眠不足、目に傷がつくようなことをしてしまった場合など、ちょっと気を付ければ改善することが原因になっていることが多いのです。

自分の生活を見直して、白内障になりやすい体質なのかということを考えてみるのもいいと思います。

白内障で困ること

白内障にかかって困ることは、やはり視力の問題だと思います。

視力が低下するっていうことだと思います。

また、光りが眩しく感じるので、車の運転などでは不便に感じることがあると思います。

日常生活の上でもとても不便だと思います。

 

ものが見えにくくなるということは、普段の生活を送る上でも様々な困難になると思います。

テレビや新聞などの情報に関しても見えにくくなることで疎くなってしまうということもあると思うのです。

 

特に外に出た時にとても困ると思います。

信号など光りが眩しくて見落としてしまうっていうこともあると思います。

 

目が見えなくこと自体、とても困ることです。

特に普段見えていたのに、急激に見えなくなるというのは、とても怖いことでもあると思うのです。

外に出ることも億劫になると、世界が狭くなるっていうことにもつながると思います。

 

そうなると、精神的にも良くないと思うのです。

白内障によって精神的にも悪影響を及ぼしますし、また当たり前に出来ていたこともできなくなってしまうということもあると思います。

白内障で困るもう1つのことは、視力の低下が始まった時に、それが白内障の症状だということに気が付かずに治療が遅れるということもあるのではないかなと思います。

白内障ってどんな病気?

白内障はどんな病気だと思っていますか。

自分には関係がない、自分は白内障にはかからないって思っている人が多いと思うのです。

でも実際には誰にでもかかる可能性のある病気なのです。

特に老人性白内障はとても発症率が高いものなのです。

なんと80代になると、ほぼ100%の方が老人性白内障にかかるのだそうです。

 

白内障は目の中にある水晶体が濁ってくる病気です。

水晶体の濁りによって、視界に変化が出てくる病気なのです。

光りが眩しく見えすぎるのです。

ですから、外に出ることが億劫になってしまうのではないかなと思います。

生活にまで大きく影響を与えてしまうのです。

 

他にも視力の低下。

視力の低下というのは、白内障ではなくても他の目の病気でも起こることですから、視力低下だけでは白内障ということに気が付かないっていうこともあると思います。

 

他にもものが二重、三重に見えてしまう、かすんで見えてしまうっていうこともあるのです。

光りの調整でしたら、サングラスなどを使って可能になるのかもしれません。

でもものの見え方に関しては治療をしなければ治らないということになります。

高齢者には多い病気ですので、年齢のせいにしないでちゃんと眼科で検査を受けるということも大事なことだと思います。

 

誰でもかかるポピュラーな病気が白内障なのです。