白内障の予防

白内障の予防法

白内障は加齢により誰にでも起こることなので完全に防ぐことはできませんが、進行を遅らせることは可能です。

白内障つまり水晶体が濁る原因の一つは、水晶体を形成するタンパク質の酸化です。酸化の要因として紫外線の影響や体内での活性酸素の増加が挙げられます。

ですので日差しが強いときはUVカットの効果がある眼鏡やサングラスをかけるなどして紫外線対策を行うことが有効です。

活性酸素はブルーベリーや黒豆に多く含まれるアントシアニン、ブロッコリーやほうれん草に多いルテイン積極的に摂ることで対策が行えます。

また水晶体は酸化防止にビタミンCを高濃度で含んでいます。柑橘類やアセロラなどを摂ることでビタミンCを補給するとともにビタミンCを破壊してしまうタバコを控えること。できれば禁煙しましょう。

薬による予防

人の体内には酸化を抑制するカルノシンという物質がありますが、加齢に伴ってカルノシンが減少するために水晶体が酸化し白内障が進むとされています。

今話題の白内障に効くと言われる点眼薬・クララスティルやCAN-Cに含まれるNアセテルカルノシンには水晶体の酸化を抑制する働きがあると言われます。

ごく一部の人は点眼時に刺すような刺激があるようですが、継続して点眼するうち感じなくなるようです。

そのほかは特に副作用らしきものは確認されていません

ただ、白内障の進行を遅らせるピレノキシン系の目薬やルテインなど抗酸化作用があるサプリメントとの併用は避けましょう。前者は副作用が強く表れることがあり、後者は効果が下がる可能性があるからです。

また、クララスティル・CAN-C共に国内では認可されていませんので使用は自己責任であると心得る必要があります。

 

白内障の種類によって変わる予防法

水晶体の周辺からタンパク質が変質する「皮質白内障」は薄暗い場所での見えが悪くなります。これは早いうちに眼科を受診して処方される目薬を使うことでだいぶ抑えられます。初期段階なら進行スピードを半分にできるそうです。

それと紫外線対策をしっかりとすること。

またものが二重三重に見えて近視が進行する「核白内障」は文字通り水晶体の中心部分から変質するものですが、1日に必要なビタミン・ミネラルを確保できるバランスの良い食事マルチビタミンのサプリメントで発症リスクを3割ぐらい下げたり進行を遅らせることが可能です。あと喫煙されているなら禁煙しましょう。

 

白内障の治療ならクララスティルへ