白内障の治療法

 核白内障、皮質白内障、後嚢下白内障と様々な種類の白内障がありますが、それぞれの白内障は進行度によって手術を行わなければなりません。

しかし、比較的軽度だったり、早期治療の場合には主治医の処方に従って点眼薬を点すことで白内障の進行を抑えることができます。

 主人の場合は点眼治療、手術治療どちらも選べるようで、その場合は主治医の方と相談して決めるのがいいようです。今回は白内障の二大治療法である点眼治療と手術治療を調査してみたいと思います。

 白内障に用いられる治療薬は何種類かあります。

 まずはカタリンK点眼薬です。

 これは光を集める水晶体が混濁することで物がぼやけたり、ダブったりする白内障症状に用いられる目薬です。水晶体を濁らせている蛋白変性を抑制し、進行速度を遅らせてくれます。

 次はジクロード点眼液です。

 プロスタグランジンという炎症物質を抑制し、眼痛やまぶたの腫脹を抑えてくれます。手術などにも使用される目薬です。副作用の心配はほとんどありません。

 最後にカリーユニ点眼液です。

 カタリンKと同じ作用・副作用を持ち、白内障の進行を抑制する点眼薬です。早期発見によるまだ視力の低下のみられない初期段階に使用されます。

 手術治療は白内障を根本的に治療する手段です。

 主人も視力がこのまま低下していくなら「手術をして治したい」と言っています。そこで手術に関しても調べてみました。

 

 白内障の手術は角膜と結膜の境目あたりをわずかに切開し、そこから器具を入れて水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引します。後嚢だけは残しておいて、そこに眼内レンズを取り付けます。白内障が極端に進行していて水晶体が硬くなっている場合などでは、水晶体全体を取り出すこともあります。

 手術には軽度の白内障の人だと日帰り手術を行ってもらうことができるみたいです。忙しい主人でも時間を調整することができれば比較的簡単に手術を行えるかもしれません。主人に言ったところ「それなら考えてもいい」といってくれました。

 主人の白内障がよくなることを祈っています。