クララスティルは特許承認されているの?

白内障に効果がある、クララスティル。

手術以外の白内障の特効薬として注目をされています。

日本ではまだまだ利用者は少ないのです。

特許承認は海外ではされています。

 

特にヨーロッパやアメリカでは早くから特許承認されています。

日本でも将来的には、特許承認されるのではないかと思います。

まだまだ利用者も少ないものですし、日本の眼科医はクララスティルよりも手術のほうを推奨しています。

それには、クララスティルというのは継続して使わなければいけないので、管理も大変ということなのです。

 

特許承認されれば、一般の薬局でも取扱が始まると思いますし、どこの眼科での取扱も出来ると思います。

保険も適用されるようになると思います。

クララスティルはまだまだ保険適用外ですから、中々手を出すことが出来ないのではないかと思います。

手術のほうが一般的っていうこともあると思いますし、劇的な治療法にはならないのではないかなと思います。

 

特許承認には様々な問題があります。

様々な条件をクリヤーしなければいけないっていうこともあります。

ですから特許承認には、時間もかかるということになると思います。

より多くの人の要望があれば、特許承認もされるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です