クララスティルはどのくらいで効果がでるの?

白内障の治療に効果があるクララスティル。

日本ではまだまだ浸透していないようですし、利用者もまだまだ少ないのが現実です。

日本に入ってきて、まだ日が浅い薬でもあるのです。

 

でも、利用者が増えてきてます。

実際にはどれくらいで効果が出るものなのでしょうか。

 

それはどんな薬でもそうなのですが、個人差があります。

ですから、確実にこれくらいで効果がありますと言い切ることは出来ません。

目安としては、6カ月でクララスティル1セット。

1セットは1箱1本入りを2回分。

2本で約3週間分なんです。

 

7カ月以降から2本で約6カ月分のペースになります。

 

1度点眼を始めると継続して使っていかなければいけません。

また保険適用外ですので、そのことも考えなければいけません。

手術を1回受ける方法とずっと点眼を続けなければいけないという方法、どちらがいいのかということを考えなければいけません。

 

リスクを考えて、クララスティルにするのか、それとも医療費のことを考え、また1度で済む手術のほうがいいのかっていうことを考えるべきだと思います。

高齢者の場合には、継続して点眼をすることが出来るのかということをしっかり考えなければいけません。

忘れずにちゃんと決まった時間に点眼をしなければいけないので、そういうことが可能なのかということも大事になってくるのではないかと思います。

もう完治したから点眼を止める、ということになっても、再発の可能性があることをちゃんと理解しておかなければいけないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です