クララスティルって白内障に効くの?

白内障の治療に有効的なものとして、最近注目を集めているのが、クララスティルです。

アメリカやヨーロッパ、東南アジアでは白内障の治療に使われているのですが、日本ではまだ発売されたばかりです。

ですから、海外で白内障治療に実績があっても、日本ではまだクララスティルで白内障が完治した人というのは、いないのではないかと思います。

 

それでもクララスティルを処方している眼科が増えていきているので、日本国内でもクララスティルによって、白内障が完治したっていう方が、数年以内に現れるのではないかと思います。

 

クララスティルを使った白内障治療というのは、手術での白内障治療とは違い、すぐに治るというものではありません。

手術での治療の場合では、手術をした翌日には成果が表れるものです。

しかし、クララスティルを使った治療では段々回復をしていくということになりますので、クララスティルを使った翌日には劇的に白内障の症状が改善をするということではないのです。

 

劇的な回復を期待する人には、クララスティルよりも手術のほうがいいのではないかと思います。

実際、どれくらい点眼を続ければ、白内障が完治するのかということも線を引くことが難しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です