白内障手術の危険性

白内障の手術の危険性は当然いくつかあるのです。

白内障はポピュラーな病気ですが、当然手術にはリスクも伴うのです。

15~20分の白内障の手術であってもリスクはあります。

99%成功をすると言われていますが、ごく稀に危険なことが起こるということも考えておかなければいけないと思います。

ミスではなく、予期しないことが起こるということをしっかり頭に入れておくべきです。

 

また、医師からもリスクに関する説明はあると思います。

もし、そのリスク、危険性を説明してくれない医師であったら、手術を受けるのは止めたほうがいいのかもしれません。

 

手術中は水をかけながら行います。

眼内圧力を調整しながら行うのですが、稀に急激な眼圧低下によって、出血をする場合があります。

もちろん、出血をしないように眼内圧力は調整しながら手術を行います。

 

全身麻酔で行うので、麻酔によるショックだったり、アナフィキラシーショックが起こることがあります。

アナフィキラシーショックは本人でも分からないものがあると思うので、事前にチェックが必要です。

手術器具の金属やゴム手袋でもアナフィキラシーショックが起きるので、アレルギーテストが行っておいたほうがいいと思います。

 

目にメスを入れるので、そのリスクもあります。

何かの拍子で網膜が傷つくこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です