白内障手術の内容

白内障の手術の内容というのは、色々ありますが、大きく分けて3つあります。

人工のレンズを挿入するものが一般的で、もっとも多くの方が受ける手術でもあるのです。

傷も浅く、比較的時間も短いので、体への負担も少なくて済むのです。

一般的に日帰り手術が多いものが人工レンズを水晶体に挿入する方法なのです。

もっとも多く、もしもその手術が出来ないという場合には、他の方法になるということなのです。

第一に検討をされる手術の方法が濁った水晶体を削って、人工レンズを挿入する方法なのです。

 

その方法が出来ないともなると、今度は水晶体に更に大きな傷をつけることになります。

ですから、体への負担も大きいですし、炎症を起こす可能性もあります。

日帰り手術ということは難しくなり、入院をしての手術になります。

手術時間も大幅に増えます。

その分、手術が難しいということでもあるのです。

 

更にその上の難しい手術があります。

大変珍しく、年間での手術数も少ないのです。

また、執刀医師の高い技術も求められるのです。

 

白内障が進行すればするほど、難しい手術方法になるので、出来るだけ早くに治療を開始し、手術を受けるといいと思います。

それがとても大事なことになってくるのではないかなと思います。

リスクが少ない手術方法のほうが安心できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です