白内障の症状

白内障の症状とはどのようなものなのでしょうか。

色々な症状が出てくるのですが、初期症状だけでは白内障だということに気が付かないことがあるので、とても危険なものでもあるのです。

気が付いた時には白内障がかなり進行していたっていうことも少なくはないのです。

 

白内障は目の中の水晶体が濁る病気です。

白く濁るのが一般的なのですが、黄色く濁ることもあります。

ですから、自分でも少しチェックをしてみるといいのではないでしょうか。

鏡で目をチェックして濁っているようであれば、白内障の確率が高いのです。

 

目の中の水晶体が濁ることで、光りの調整が出来なくなってしまうのです。

そうなると、ちょっとした太陽の光りも極度に眩しく感じられてしまいます。

白内障が他の目の病気と大きく違うことは、光りの調整なのです。

 

視力の低下、物が二重、三重に見える。

そしてかすんで見えるということもあります。

生活に支障が出るので、それも異変に気が付くっていうことにつながるのではないかなと思います。

 

光りに過剰反応をしてしまうということですので、車の運転などにも支障が出てきてしまいます。

少し異変を感じただけでは、白内障だということに気が付かないということも、白内障の症状の1つと言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です