白内障治療で良いお医者さんの選び方

良いお医者さんの選び方

評判が悪いところは避けた方がいいです。

残念ながらまれに手術者として適切でない人がいるのも事実です。

入院がいいか日帰りがいいかは自分の中で決めておきましょう、そうしないと「日帰りしかやってないから仕方なく日帰り手術を受けた。」「そこは入院手術しかやってないから仕方なく入院手術をうけた」ということになってしまいます。

そして評判だけでなくあなたの目で見て問題がある場合は手術をそこで受けるのは避けましょう。

あなたを大切に扱ってくれる病院で治療をうけるべきです。

難しく考えず、結論を言うと「信頼できる医師に手術してもらう」ということだけなのです。

あなたは、多くの人生経験をしてきて多くの人間を見てきているはずです。

人間の良し悪しは大体判断できるものと思います。

それなのに医療という現場にくると「性格は悪いけども技術はいいかもしれない。」「こういう医師が意外にいいかも」と普段の常識を忘れて人を判断してしまいがちです。自分の人生で培ってきた人を見る目を信じていただければと思います。

信頼できる医師はあなたの声に耳を傾けて話してくれます。隠し立てするより全てさらけ出した方がお互い信頼しえることを知っているからです。

不安に思ったことがあれば聞いてみてはいかがでしょうか。

白内障でお困りの方必見!クララスティル販売サイトはこちら

 

白内障の手術のリスク

白内障の手術のリスク について考えてみましょう。医療技術や器械のめざましい進歩によって、白内障の手術は、かなり安全なものになりました。しかし、まったくリスクが存在しないという訳にはいきません。

そこで今回は、白内障の術中・術後に合併症が起こりえるリスクについて紹介します

 

手術中の失敗

後嚢の破損・硝子体の脱出・水晶体核の落下

白内障の手術では、白く濁った水晶体を眼内レンズと入れ替えるために、水晶体の裏側にある「後嚢(こうのう)」と呼ばれる膜だけを残して水晶体を取り除く作業をします。しかし、後嚢はとても薄くて弱いので、作業中に破れてしまうことがあります。
すると、破れ目から水晶体の後ろの位置にあるゼリー状の「硝子体」という組織が漏れ出てしまう「硝子体脱出」や、水晶体の核が目の奥に落ちていってしまう「水晶体核落下」が起きてしまうこともあります。
後嚢破損や硝子体脱出の状態だけなら、適切な処置を施せば、眼内レンズを埋め込むことができます。しかし水晶体核落下が起きてしまった場合は、一旦手術を中断して、改めて落下した水晶体核を取り除く手術をしなくてはなりません。

駆逐性出血

手術中に起こりえる合併症です。眼内の動脈が破裂してしまい、出血します。

症状によっては失明に至ってしまうこともあります。ただし駆逐性出血が起こる確率は1万件に1件程度と言われており、発症してしまうのは極めて稀です。

白内障の手術のリスク

手術後に起こるリスク

後発白内障

手術後に、眼内レンズを固定している後嚢が濁って、手術前のように視界がかすんできてしまう合併症です。

この症状が起きてしまった場合、外来のレーザー手術で後嚢を焼き切ってしまえば、かすみを解消することができます。

黄斑浮腫

術後に黄斑(網膜の中心部分)がむくみ、視力がいちじるしく低下してしまう合併症です。

しかし、近年では、術後に点眼薬を使うことによって、発症率を大幅に軽減させることができています。

水疱性角膜症

何らかの原因によって角膜の内皮細胞が障害を受けて、角膜の内に水が溜まってしまう合併症です。

白内障手術の技術向上により、術後にこの症状が起こることは減少しています。しかし、重症の場合は角膜移植手術が必要になってしまいます(実際に手術が必要な場合は、ごく稀です)。

眼内炎

が、数ヶ月後~数年後に突然発症する場合もあります。

眼内炎は、術後の健康管理を怠ってしまうことから発症する可能性が高くなってしまいます。

「目の周りを清潔に保つ」「点眼薬を使用する」など、医師から受ける術後の注意や指示は、必ず守ってください。

 

 

 

a0001_008193

 

術後の見え方の変化

度数
眼内レンズの度数は、目のサイズを正確に測定して算出されます。8割以上の方は測定どおりピッタリで、術後もメガネなしで遠くまたは近くが見えるようになります。しかし、わずかながら、度がずれてしまう場合があります。その場合は、薄い老眼鏡や遠視用のメガネが必要になる場合もあります。

 色の見え方
水晶体の濁りのせいで黄色っぽく、または白っぽく見えていた景色が、手術後急に10代や20代の頃の見え方になり、視界が全体的に青っぽく見えてびっくりされる方もいるようです。はじめは戸惑うかもしれませんが、実は10代の頃はこのように見えていたんだな、と気にしないようにしていれば大丈夫です。じきに、慣れてきます。

 飛蚊症
手術後視界が明るくなったのはいいのですが、それによって飛蚊症を感じる場合があります。これは目の中の「硝子体」と呼ばれる部分の混濁によって起こることで、いわば老化現象です。

手術前は気づかなかった飛蚊症を感じることもありますが、もともと目の中にあったものなので悪いものではないのです。

 眼底異常
白内障の手術後でも、目の奥のフィルムにあたる部分の網膜や神経などに問題がある場合は、思っていたよりも視力が出にくい場合があります。ただし、手術前よりは確実に明るくなって見やすく感じることでしょう。

 

a0001_016984

 

白内障の手術以外の治療ならクララスティル公式サイトはこちら

白内障の目薬の差し方

 主人が白内障にかかってしまいました。
白内障は手術しないと治らないという話もありましたが、知人に訊いたところ、ある目薬でも治るそうです。
 その名も「クララスティル」です。もちろん目薬なので、普通にさせばいいと思うのですが、そもそも目薬には正しいさし方というものがあるようです。
 なので今回はクララスティルの使用方法と、目薬自体のさし方について私が知っている情報をお伝えしようと思います。
 まず、使用方法についてです。
 クララスティルは期間によって1日の点眼回数が違ってくるようです。
 具体的には、最初の6ヶ月間は両眼に各2滴を1日朝夕の2回点眼し、7ヶ月目以降は両眼に各2滴を1日1回点眼をします。
 ここで注意したいのは、この2滴は一度に2滴入れるという意味ではないことです。公式サイトによると、2滴目を入れるのは1滴目より少なくとも5分経過後だそうです。
 何故かというと、眼球や結膜の吸収量を考えた場合の最適量が1滴だからです。また、効果を高めたい時は、量でなく回数を増やすようにしたほうがいいのです。その意味での2滴だと思われます。
 次に、目薬自体のさし方についてです。
 注意したいのは、目薬が汚染されないようにすることです。
 具体的には、指が目薬の容器の先に触れて汚染されることがないように、まず最初に手を石鹸などでよく洗ったり、外したキャップは清潔なところに置くことです。
 また、目薬の汚染を防ぐために、容器の先はまぶた・まつ毛または目につけないようにしましょう。
 何故なら、容器の先を目に近づけすぎると、容器に涙や細菌、花粉や目やになどが付着あるいは逆流してそれが汚染に繋がるからです。
 目薬の入れ方に関しては、両手でも片手でも、自分のやりやすい方法で行い、目薬を確実に目の中に入れましょう。
 また、目薬をさした後についてですが、目薬が流れ出ていってしまうと薬の効果が発揮できなくなってしまうので、しばらくまぶたを閉じたり、目頭を軽く押さえましょう。
 そして、目の周りにあふれ出た目薬は清潔なガーゼやティッシュなどでふき取りましょう。
 さて、目薬のさした後に、よく目をパチパチする人がいますが、それは間違いです。
 何故なら、そうしてしまうと、目薬が目の表面全体に行き渡るどころか、涙と一緒に目頭の方に集まって、涙点からのどへと流れ出てしまうからです。
 以上、クララスティルの使用方法と目薬自体のさし方の注意点でした。
 周りの友達にもお伝えして、正しくクララスティルを使用し、白内障を治せるようになってもらいたいものです。

白内障の手術だけが選択肢ではありません

 

実際にあなたが医者から「手術をしましょう」と言われたときにパニックにならないためのアドバイスをします。

医者は「手術をしたほうがいい」と言います。

確かに多くの人は手術をすることで見やすくなります。これほどまでに患者さんを幸せにできる手術はないと思います。一方で手術を受けて「思ったほどよくならない」「むしろ調子がわるくなった」と言う人もいます。

だからこそあえて言います。「手術よりは予防や生活のほうが大切。手術なんてしないですめばそれがいい。」

本当だったら手術をせずに目薬で治るほうがいいわけです。仕方がないから手術をするのです。だからといって、目が見えないままにほうっておきましょう、ということではありません。あなたにできることをしっかりやりましょうということです。今の医学は手術に偏ってしまっていて、目薬や日常生活、あなたができることをあまりにも軽視しています。だから「あなたにできることはない。はわるくなったら手術するだけだよ」と言ってしまうのです。

でも手術には100%なんてありません。どんなにうまい人が手術をしたとしても、手術で逆に見にくくなってしまうことさえあります。だからこそ手術を受けるときは、そのいい点もわるい点も知ったうえで手術に踏み切るべきなのです。わるい点を隠して手術をするのはいいことではありません。

腕に自信がある医者は、手術をすればよくなるのだから手術をすればいいのだ。そう考えている人が多いと思います。自分の手で手術をして多くの人が救われて見やすくなり感動してくれる人もいるでしょう。感謝の手紙をくれる人もいます。お祈りされることもあります。友達を紹介してその友達が口コミで来ることもたくさんあります。

一方でどんなに手術がうまくいっても不調を感じてしまう人もいます。

また多くの病院で手術を受けて不調を感じ、最後の望みで病院に行く人もいます。一部ではありますが、医学の力を過信して患者さんに無理やり手術してしまう医者もいます。

知識がないと「医者が言うから手術をしたほうがいいのだろう」と考えてしまいがちです。そうすると「手術をしてもあまりよくならない」「むしろ不調を感じる」ということが起きます。ただそれは「倫理的には問題」だけれども「医学的にも法律的にも間違ったことではない」のです。手術でそれほどよくならないことも説明してあり、手術の説明も十分で、手術の手技にも問題がありません。実際に白内障があるわけですから白内障手術をすること自体、何の問題もありません。けれども患者さんが不自由を感じてしまってはよくありません。

あなたにはそうならないために、手術の実際とよい点もわるい点もわかってほしいのです。

もちろんほとんどの方は問題なくあなたにはそうならないために、手術の実際とよい点もわるい点もわかってほしいのです。もちろんほとんどの方は問題なく手術が終わり経過もよいのですが、知っておくことでより安全にすることができるのです。

現在、手術以外にも選択肢はございます。

その1つとして、白内障治療点眼薬クララスティルは酸化抑止効果の期待できるNカルノシンを含んだ目薬で、販売本数22万本を突破しており、多くの方に愛用されております。

→Nカルノシン点眼薬クララスティルはこちら

 

 

白内障の予防

白内障の予防法

白内障は加齢により誰にでも起こることなので完全に防ぐことはできませんが、進行を遅らせることは可能です。

白内障つまり水晶体が濁る原因の一つは、水晶体を形成するタンパク質の酸化です。酸化の要因として紫外線の影響や体内での活性酸素の増加が挙げられます。

ですので日差しが強いときはUVカットの効果がある眼鏡やサングラスをかけるなどして紫外線対策を行うことが有効です。

活性酸素はブルーベリーや黒豆に多く含まれるアントシアニン、ブロッコリーやほうれん草に多いルテイン積極的に摂ることで対策が行えます。

また水晶体は酸化防止にビタミンCを高濃度で含んでいます。柑橘類やアセロラなどを摂ることでビタミンCを補給するとともにビタミンCを破壊してしまうタバコを控えること。できれば禁煙しましょう。

薬による予防

人の体内には酸化を抑制するカルノシンという物質がありますが、加齢に伴ってカルノシンが減少するために水晶体が酸化し白内障が進むとされています。

今話題の白内障に効くと言われる点眼薬・クララスティルやCAN-Cに含まれるNアセテルカルノシンには水晶体の酸化を抑制する働きがあると言われます。

ごく一部の人は点眼時に刺すような刺激があるようですが、継続して点眼するうち感じなくなるようです。

そのほかは特に副作用らしきものは確認されていません

ただ、白内障の進行を遅らせるピレノキシン系の目薬やルテインなど抗酸化作用があるサプリメントとの併用は避けましょう。前者は副作用が強く表れることがあり、後者は効果が下がる可能性があるからです。

また、クララスティル・CAN-C共に国内では認可されていませんので使用は自己責任であると心得る必要があります。

 

白内障の種類によって変わる予防法

水晶体の周辺からタンパク質が変質する「皮質白内障」は薄暗い場所での見えが悪くなります。これは早いうちに眼科を受診して処方される目薬を使うことでだいぶ抑えられます。初期段階なら進行スピードを半分にできるそうです。

それと紫外線対策をしっかりとすること。

またものが二重三重に見えて近視が進行する「核白内障」は文字通り水晶体の中心部分から変質するものですが、1日に必要なビタミン・ミネラルを確保できるバランスの良い食事マルチビタミンのサプリメントで発症リスクを3割ぐらい下げたり進行を遅らせることが可能です。あと喫煙されているなら禁煙しましょう。

 

白内障の治療ならクララスティルへ

点眼薬での治療法

さて、このような感じで白内障について知識が得られましたが、主人の白内障を治すためには治療法の知識も欲しいです。
そこで探してみると、以下の内容が得られました。
 白内障を治す一つの方法は「手術」です。
超音波乳化吸引術といって、麻酔後、小さな傷口から細い管を入れて濁った水晶体を超音波で砕きながら除去していきます。
そして水晶体の外側の袋を一部残し、その中に眼内レンズを挿入することによって手術は完了します。
 でも手術は失敗したりしないか不安です。精神的にも辛いと主人も言っています。
 
そこで第二の方法を見つけました。
それは点眼薬の「クララスティル」によるものです。
この点眼薬はNアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という複合アミノ酸を1%含有しており、
点眼すると人の目の中でNACが本来のカルノシンに変わり、眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働くのです。
これによって、90%の患者に視力の改善が見られ、41.5%の患者に水晶体の透過性への作用が確認されました。
また、副作用や事故の事例報告もなく、安全です。
 この方法を主人に伝えると、ただ点眼するだけなら楽で、怖くないと思ってくれて、治るのであれば是非「クララスティル」を使いたいと言っていました。これで主人の目も助かることを祈っています。

白内障の治療法

 核白内障、皮質白内障、後嚢下白内障と様々な種類の白内障がありますが、それぞれの白内障は進行度によって手術を行わなければなりません。

しかし、比較的軽度だったり、早期治療の場合には主治医の処方に従って点眼薬を点すことで白内障の進行を抑えることができます。

 主人の場合は点眼治療、手術治療どちらも選べるようで、その場合は主治医の方と相談して決めるのがいいようです。今回は白内障の二大治療法である点眼治療と手術治療を調査してみたいと思います。

 白内障に用いられる治療薬は何種類かあります。

 まずはカタリンK点眼薬です。

 これは光を集める水晶体が混濁することで物がぼやけたり、ダブったりする白内障症状に用いられる目薬です。水晶体を濁らせている蛋白変性を抑制し、進行速度を遅らせてくれます。

 次はジクロード点眼液です。

 プロスタグランジンという炎症物質を抑制し、眼痛やまぶたの腫脹を抑えてくれます。手術などにも使用される目薬です。副作用の心配はほとんどありません。

 最後にカリーユニ点眼液です。

 カタリンKと同じ作用・副作用を持ち、白内障の進行を抑制する点眼薬です。早期発見によるまだ視力の低下のみられない初期段階に使用されます。

 手術治療は白内障を根本的に治療する手段です。

 主人も視力がこのまま低下していくなら「手術をして治したい」と言っています。そこで手術に関しても調べてみました。

 

 白内障の手術は角膜と結膜の境目あたりをわずかに切開し、そこから器具を入れて水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引します。後嚢だけは残しておいて、そこに眼内レンズを取り付けます。白内障が極端に進行していて水晶体が硬くなっている場合などでは、水晶体全体を取り出すこともあります。

 手術には軽度の白内障の人だと日帰り手術を行ってもらうことができるみたいです。忙しい主人でも時間を調整することができれば比較的簡単に手術を行えるかもしれません。主人に言ったところ「それなら考えてもいい」といってくれました。

 主人の白内障がよくなることを祈っています。

後嚢下白内障って?

続いて、後嚢下白内障について説明したいと思います。
後嚢の中心部の皮質が肌状に濁ってくるタイプで、濁り方として、水晶体の後ろがすりガラスのように濁っていきます。
視力の低下が速く進むのが特徴です。非常に進行が早い疾患です。
原因は加齢のほかにも、喫煙、糖尿が大きく関係しています。
原因となることに、長期間さらされることで、リスクが更に増えます。
つまり、喫煙量が増えれば増えるほど、血糖値が高い期間が続けば続くほどなりやすいです。
このタイプは濁りが中心部から発生しますので、まぶしさが早い段階から進みます。
蛍光灯の明るさもまぶしく感じます。逆光では極端に視力が落ちます。むしろ暗いほうが見えやすいです。
これは明るいところだと瞳孔が小さくなり、ほとんどが濁りに覆われてしまうため、光が反射して醜くなってしまうのです。
視力が低下したと自覚はしますが、老眼と勘違いして治療が遅れることが多いです。
混濁そのものが少なくても、混濁が中央に集中する為、視力低下も出やすいのです。
老眼と白内障の違いは、近くのものだけ見にくくなる老眼に対し、白内障は全体的にものが見にくくなります。
遠近両方ともです。白内障の治療をほったらかしておくと濁りが進み、やがて水晶体が完全に白濁します。
ここまで完全に白濁すると、明暗の区別がつかなくなります。
そのまま放置しておくと、急性緑内障を引き起こすことがありますので、最近光がまぶしくなったなどの自覚症状がある場合、すぐに眼科に行きましょう。

白内障の種類 核白内障

 前回は主人が白内障になってしまったことから、主に皮質白内障について説明しました。
 今回は、その一方で、核白内障についても説明します。
 核白内障は皮質白内障と違い、名前の通り、水晶体の中心の「核」の濁りがおきるものです。
 症状や特徴としては「暗くなるとものが見えにくくなる」ことと「近くのものがよく見えるようになる」ことと「景色が赤茶けて見える」というものがあります。
 このうちの「近くのものがよく見えるようになる」という症状は、水晶体が厚くなって光の屈折が強まることによるものと、
核が硬く大きくなるので屈折力が増すことによるものが理由として挙げられます。
老眼の人でも近くが見やすくなることがあり、この際に「老眼が治った」と勘違いすることがあり、これは要注意です。
 また「景色が赤茶けて見える」という症状は、核が濁ることで青色を通さなくなることによるものです。
この症状は、手術後治るものの、術後はそれまで入ってこなかった青色が強調されてしまい、視界が青っぽく見えて困る人もいます。
 そもそもなぜ白内障になってしまうのでしょう?
 この白内障は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加によって、
水晶体に含まれる蛋白質が白く濁ったり、硬くなったりすることでおこるとされています。
また、体内にある天然酸化防止剤であるカルノシンが不足して、水晶体が酸化で傷ついてしまうことにもよります。

クララスティルは特許承認されているの?

白内障に効果がある、クララスティル。

手術以外の白内障の特効薬として注目をされています。

日本ではまだまだ利用者は少ないのです。

特許承認は海外ではされています。

 

特にヨーロッパやアメリカでは早くから特許承認されています。

日本でも将来的には、特許承認されるのではないかと思います。

まだまだ利用者も少ないものですし、日本の眼科医はクララスティルよりも手術のほうを推奨しています。

それには、クララスティルというのは継続して使わなければいけないので、管理も大変ということなのです。

 

特許承認されれば、一般の薬局でも取扱が始まると思いますし、どこの眼科での取扱も出来ると思います。

保険も適用されるようになると思います。

クララスティルはまだまだ保険適用外ですから、中々手を出すことが出来ないのではないかと思います。

手術のほうが一般的っていうこともあると思いますし、劇的な治療法にはならないのではないかなと思います。

 

特許承認には様々な問題があります。

様々な条件をクリヤーしなければいけないっていうこともあります。

ですから特許承認には、時間もかかるということになると思います。

より多くの人の要望があれば、特許承認もされるのではないかと思います。